お申込み・お問い合わせは075-862-0081

塾生の声

嵯峨中学3年
前田 涼雅君
勉強に自信が持てるようになった。
僕は小学校6年から梅津塾に通い始めました。きっかけは中学校の勉強に備えようと思ったからです。
塾に通っていて良かったと思うことは、中学校での定期テストで常に良い点数が採れるようになって、自分の勉強に自信が持てるようになったことです。また、とても印象に残っていることは、3年間を通して理科や社会の授業がとても楽しく理解しやすかったことです。
塾に通っていて一番気を付けたことは宿題です。中学1年の時は宿題をする時間が長く辛かったですが、そのおかげで高得点を維持できることが分かっていたので頑張って宿題をしました。また、中学3年生になって土曜日や日曜日も塾があってかなり厳しい勉強をしましたが、そのおかげで志望校を突破できたと思っています。
双ヶ岡中学3年
林 凌大君
梅津塾の授業は楽しい。
僕は以前通っていた塾で思うような点数が採れなかったので、中学三年生になって北嵯峨教室に通うようになりました。
最初は不安でしたが、授業も楽しく良い雰囲気だったので直ぐに気持ちよく勉強できるようになりました。塾の授業も全ての教科の先生が分かり易く、苦手科目も得意科目になりました。定期テストの点数も全ての科目で80点台、90点台がとれて以前とは比べものにならないほど上がりました。
梅津塾の先生は生徒のヤル気を引き出すのが上手いと思います。そのおかげで受験勉強に熱が入り、志望していた高校のコースを上げて受験し合格することができました。高校でも梅津塾で学んだ「勉強が分かる楽しさ」を忘れず頑張っていきたいと思っています。
嵯峨中学3年
馬場 真人君
毎日塾に通いました。
僕は中学二年生の途中から梅津塾に通い始めました。きっかけは、なかなか成績が上がらず困っていたときに友達にこの塾を勧められたことです。
入塾当初は毎回の小テストの準備が大変で、かなり時間をかけないとテストに合格できませんでしたが、回数を重ねていくうちに自分なりのテスト勉強の仕方が分かり、短い勉強時間でテスト対策ができるようになり、自分の勉強に自信がつきました。
中学三年生になって入試が近づくと毎日塾に通うようになり、勉強する習慣が自然と身に付きました。先生方の授業もとても分かり易く楽しい授業で、学校では教えてくれない解き方や、難しい問題にもチャレンジしました。そのことが本番の入試にも役立ったと思っています。
嵯峨中学3年
伊藤 亜里沙さん
英語が得意科目になりました。
梅津塾に通うきっかけは、私の兄と姉がこの塾の卒業生だったからです。私は勉強が嫌いではなかったのですが、勉強の仕方が分からず、時間をかけて勉強してもあまり点数が伸びませんでした。そんなとき姉がこの塾を勧めてくれて通うようになりました。
実際塾に通い始めて自分の勉強法が身に付いたと思っています。また、以前より一層勉強をするようになり、自分から進んで質問するようになって成績がすごく伸びました。そのおかげで特待生として高校に進学できました。中学の時は苦手だなと思っていた英語が好きになり、高校では英語を深く学び、大学の勉強にも活かしたいと思っています。
塾での勉強は楽しいことばかりではなく、毎回の小テストなどしんどいことも沢山ありましたが、そのことで自分の勉強量がとても増えたと思っています。
嵯峨中学3年
東森 和花さん
中3で英検準二級の合格!
私は小学校5年生の時、算数が分からなくなって梅津塾に通うようになりました。すぐに分からなかった内容が分かるようになり、塾に通うのが楽しくなりました。
6年生からは英語も塾で勉強し始めたので、英語が好きになり中学では英語を得意科目にでき、中学3年生で英検の準二級に合格できました。また、数学などの苦手な科目も先生が分かるまで丁寧に教えてくださいました。中学の3年間は、部活や他の習い事などでとても忙しかったのですが、病気などで塾を休んでも「ふりかえ授業」があり柔軟に対応していただいたので安心でした。
塾で一番印象深かったのは、一緒に頑張る仲間がいたことです。周りの友達の勉強に向き合う姿が、自分自身の勉強の刺激になり成績上位者に自分の名前が載るように頑張れたと思っています。塾では授業が終わってからも、分からないことを夜遅くまで教えていただき、自習室がいつでも開放されていて自分の都合に合わせて勉強できる環境がありました。
そのようなことがあって、志望校に合格できたと思っています。
嵯峨中学3年
山口 侑華さん
友達と一緒だから頑張れた。
母の勧めで梅津塾に通うようになりました。
塾に通うようになってまず感じたことは、勉強する雰囲気があり、集中して勉強することができるということです。また、中学での定期テスト前の「特訓授業」では、対策プリントを沢山準備していただき、得意科目も不得意科目も高得点を採ることができました。受験が近づくころになると苦手科目をやり続けることが苦しかったですが、塾へ行って先生やクラスの友達と一緒に頑張れたことで苦手科目も克服できたと思います。
日々の小テストなど大変なこともあったけれど、この塾で頑張って志望校に合格できたことが一番の思い出です。
北嵯峨高校
山下 萌さん
文武両道の生活ができました。
私は小学6年生から梅津塾に通い始めました。高校に入学してからは高校の定期テスト対策のプリントを準備してもらったり、学校の問題集の分からない所を丁寧に教えてもらったりしていたので、内申点も上がり、クラス1位の成績を挙げることもできました。
塾に通っていたおかげで、部活動にも熱心に取り組むことができ、高校生活の目標だった文武両道の生活ができたと思います。高校2年生の終わりごろからは大学受験の講座も始まり、毎週のように英単語テスト、古文単語テストなどがあり、部活動との両立が大変でした。
8月になり部活を引退すると毎日のように塾に通いました。受験対策プリントを必死にやっていくうちに実力が身に付き、問題の解答だけでなく、その問題を出題した意図さえも理解できるようになりました。自習室では高校受験を目指す中3生も、大学受験を目指す高3生も熱心に勉強しているので自分のモチベーションを高めることができました。
家では殆ど勉強していませんでしたが、自習室を活用することで勉強のオンとオフを切り替え、集中して勉強でき志望校に合格できたと思っています。
紫野高校
船木 穂々美さん
精神的に成長できた。
私は小学5年生のときに友達と一緒に通い始めました。私は一人で勉強やテスト対策ができるタイプではなかったので、塾での授業や宿題、小テスト、プリント学習で基礎から発展まで学習し、実力が身に付いたと思っています。
先生方はとても話しやすく質問すると丁寧に教えてくださるし、志望校や受験制度、受験方法についても詳しく教えていただき、とても助かりました。高校2年生の頃、成績が下がり塾での勉強も辛くなって、塾を辞めようかと悩んだ時期がありましたが、家族や塾の先生と色々話しあって続けることにしました。もしあの時辞めていたら第一志望の大学へは行けなかったと思います。
高校3年生になって周りの友達の半数以上が指定校推薦などで入学を決めていくのを見ていると、精神的にしんどかったけど、絶対に妥協せず第一志望を目指すんだと思って頑張りました。
桂高校
向嶋 唯さん
絶対に第一志望を諦めなった。
私が梅津塾に入塾したのは中学2年生のときです。それまでは違う塾に通っていましたが、あまり成績が伸びなくて悩んでいるときに、友達に勧められました。
入ってすぐに結果が出ました。明らかにテストの点数が伸び、知識も増えました。高校受験の時は休日も塾で勉強しました。問題集で分からない所があればすぐに先生に解説してもらい不得意な科目も克服していきました。高校に入っても塾を続けて大学入試に備えようと思っていましたが、塾の先生から「指定校推薦」の制度があること、それには高校1年生からの内申点が重要なことなどを聞きました。
高い内申点をキープしながら受験勉強にも力を注ぐのは大変でしたが、第一志望の大学は絶対に諦めたくなかったので頑張れたと思います。
北嵯峨高校
羽島 大智君
苦手な数学で3年間「5」でした。
僕は小学4年生から梅津塾に通い始めました。中学生の時は「月例テスト」や「特訓授業」で自分の弱点を克服し、実力と内申点をあげることができ第一志望の高校に入学できました。高校では塾の先生の勧めもあり、指定校推薦で大学を目指すという目標を定めました。
梅津塾では通常の授業以外でも自由に自習室が利用でき、集中して勉強できる環境がありました。先生と生徒の距離が近く質問も気軽にできるということも梅津塾の良いところだと思います。
僕は中学生の頃から数学が大の苦手でしたが、基礎からしっかりと指導していただき、高校では3年間を通して評定点「5」を採ることができました。指定校での大学選択には少し迷いましたが、経済学部に行きたいという思いを最優先にして第一志望を決定しました。論文指導も丁寧にしていただき、高3の秋には早々に大学合格を勝ち取ることができました。
紫野高校
奥芝 愛優さん
自習を活用し必死に勉強しました。
私は中学3年の時、先輩と先輩のお母さんの勧めで梅津塾に入りました。高校入学後も大学受験を目指すため塾に通っていましたが、吹奏楽部の部活動が8月まであり大学受験の準備が遅くなるので、大学を諦め専門学校に行こうかなと悩んでいました。
そんなとき塾の先生に母と私の三者懇談を何度もしていただき、大学受験を諦めず頑張ろうと励ましてもらいました。実際に第一志望が決まったのは秋頃でしたが、それからは日曜日も塾へ行って勉強に集中しました。毎週の英単語テストや古文単語テスト、大学の過去問の演習は厳しく何度も心が折れそうになりましたが、周りの友達の頑張る姿や、自分が答えられない悔しさをバネに必死で勉強しました。
梅津塾には自習室があり、集中して勉強できるとても良い環境があります。また、勉強以外の色々なことで塾の先生が相談に乗ってくださったり、何気ない話で負けそうになる気持ちをサポートしてくださったおかげで、最後までやりきることができました。
西京高校
北村 翠君
国立大学に絶対に行くんだと頑張った。
僕は中学2年生から梅津塾に通わせてもらい、高校受験でも大変お世話になりました。
しかし、自分の実力以上の高校に入ったことで学校の授業が忙しくなったことや、部活動に集中したいということで塾をいったん辞めました。僕の高校生活は部活動に全てを捧げたと言っても過言ではありません。しかし、その分勉強が疎かになり模試の結果などもひどいものでした。そこで、部活動が終わった高3の夏にもう一度梅津塾に入塾させていただきました。そのとき「国立は無理」と言っていただいたおかげで、自分に対して相当な危機感を抱き、「なにくそ」という気持ちが湧きました。
その後、塾が家に近いということもあり自習室を毎日利用し、休みの日も塾で勉強させていただきました。この自習室はみんなが静かに集中して勉強できる素晴らしい環境で、他の塾にはないと思います。「部活動があったから勉強ができなかった」という言い訳を作らず、必死で志望校を目指せたのも梅津塾という環境と先生方のおかげだと思っています。
京都学園
西垣 建汰君
二次試験は完璧に理解できました。
私は小学5年生から高校3年までの8年間梅津塾に通いました。高校では学費免除特待生として入学でき、大学入試でも高校一年生から第一志望にしていた大学に入学できました。
塾では高校1・2年では数学を、高校3年では英語と小論文を教えてもらいましたが、英語の力が驚異的に伸びました。高2の時のセンター同日受験では200点満点中76点でしたが、高3のセンター本番では163点を採りました。また、センター後の二次試験対策では完全個別で私の志望校の過去問を徹底的に指導していただき、和訳、英訳も完璧に理解できるようになりました。
おかげで第一志望合格を勝ち取れました。
京都学園
加藤 綾梨さん
アットホームで楽しく勉強できる。
私は中学3年の夏からという中途半端な時期に友人の勧めで、違う塾から転塾して梅津塾のお世話になりました。梅津塾の先生方には、そんな時期からでも快く受け入れていただき、自分の弱点を的確に把握し指導していただきました。
この塾はわたしにとってとにかく「アットホームで楽しく勉強できる」場所でした。先生の話が分かり易いだけでなく、自分の持つ知識に「紐付け」する形で知識量をどんどん増やしてくださいました。あまり勉強が好きではない私が「ヤル気」を出せる環境が梅津塾にはあり、塾のある日が楽しみでした。
高校受験も大学受験も梅津塾のお世話になりましたが、受験勉強の知識もそれ以外の知識も知識欲も身につけさせていただきました。
紫野高校
牧 修哉君
まるで自分の勉強部屋のような存在でした。
僕は中学一年生から梅津塾に通っていました。中学部の3年間は日々の授業以外にも定期テスト前には自習室を利用したり、受験の時は入試問題をコツコツと解きました。特に印象に残っていることは、定期テスト前に月例テストや特訓授業があり、試験対策が充実していることや、塾に過去問が豊富にあり様々な問題が解けることです。また、高校部では、集団授業とアシスト授業の両方を選択でき、部活と両立しながら勉強できました。
僕は大学受験で、どんな受験をしたら良いか悩んでいたのですが、塾の先生との三者懇談が高校2年生の二学期にあり、「指定校推薦」や「AO推薦」などの受験方法や論文指導もあることを知り、第一志望の大学に一発で合格できました。
梅津塾は僕の家の近くにあったので毎日のように塾を利用させてもらい、まるで自分の勉強部屋のような存在でした。
花園高校 特進A
池田 優翔君
宿題をこなしていただけで成績が上がり正直驚きました。
僕は中2の夏から梅津塾に通っています。
梅津塾に通う前はオール3ぐらいの成績でしたが、入塾して初めの定期テストでは、ほとんどの科目で80点が並ぶようになりました。塾に来て特に勉強を頑張ったという記憶は無いのですが、授業で出される宿題をこなしていただけで成績が上がったことは正直驚きました。
中3になって塾の先生から“君は実力があるからもっと上を目指して勉強しなさい”と言われ、特に私立高校に行くのならば“特待をとれる成績になるような勉強をしなさい”とも言われました。
普段は定期テストの勉強を中心に頑張り、受験前は徹底的に過去問を演習し努力しました。塾の授業がない日も自習室を使い自主的に学習に取り組むようにしました。その結果、特待生として花園高校に合格できました。
高校では梅津塾で学んできた勉強方法を生かし、自分の力で頑張っていきたいと思います。
紫野高校
森下 菜奈子さん
自習教室では気軽に質問ができました。
私は小6の新学期から梅津塾に通っています。通塾のきっかけは友達が通っていたこと、塾に行って小学校では習えない難しい勉強がしたかったことなどです。
塾の授業では理解できない内容をきちんと教えてもらえるのはもちろん、宿題の見直しやテスト対策などいろいろなことでしっかりフォローしてもらえました。特に定期テスト前には日曜自習教室があり、朝から自習教室を利用できたことや質問も気軽にできたことはとても良かったと思います。
定期テスト後には順位表が塾の壁に貼りだされ(たしか上位5名ぐらい…)その順位表に自分の名前があったときにはすごく達成感をかんじられました。
印象に残っていることとしては中学での部活が忙しい中、夜遅くまで授業があり頑張って勉強できたこと、卒業後受験生全員でUSJに連れていってもらえたこと、塾の先生に高校数学を先取りで教えてもらい数検(数学検定)に合格できたことなどです。高校に入っても部活と勉強の両立を頑張っていきたいと思います。
京都成章高校
西村 美音さん
挨拶など勉強以外の大切なことも多く学びました。
私は中学2年生の4月から梅津塾に通い始めました。通塾のきっかけは、中1の成績が悪かったことと学校の友達で成績が良かった人がたくさん梅津塾に通っていたからです。
塾では効率の良い勉強の仕方、学校の課題を期限内に提出することの大切さ、挨拶や時間を守ることなど勉強以外の大切なことも多く学びました。そのことを高校でも実践していこうと思っています。
塾で受験直前に合格を祈願して受験生全員にお守り消しゴムが配られました。今でも筆箱の中に入っているその合格消しゴムを見ていると夜遅くまで受験生として頑張っていた記憶がよみがえってきます。
中学校では部活動も忙しく勉強との両立が大変でしたが、塾の先生方が授業後にフォローしてくださり乗り切ることができました。
私は数学が苦手だったので塾の授業についていくのが大変でしたが、担当の先生が優しく根気よく教えて下さったおかげで、分かるようになり勉強も次第に楽しくなってきました。
高校のでも梅津塾で学んだことを糧に頑張っていきたいと思います。
北嵯峨高校
福山 駿斗君
毎回の単語テストで英語が得意になりました!
僕は中1の途中から梅津塾に通っています。通塾のきっかけになったのは、英語が苦手だったこと、姉が塾に通っていたことです。
最初のうちは基本的な英単語も覚えることが出来無かったのですが、授業で毎回のように単語テストがあり自然と身につくようになりました。今では英語が得意教科になったので、塾には感謝しています。
また、日曜日自習教室では塾の自習室を利用して集中して勉強することができました。また、入試対策講座などでは、過去問などを解いて、問題傾向をつかんだり、先生が分りやすく教えてくれたりしたので、入試に対して自身がつくようにもなりました。
さらに、先生と生徒の関係も良いので、わからないところを、丁寧に教えてもらえました。
本当に雰囲気が良い塾だと思います。高校部も続けて梅津塾にお世話になります。
北嵯峨高校
富永 泰慈君
自主的に勉強することの大切さを学びました。
僕は小学校5年生から梅津塾に通っています。
通い始めの頃は“勉強するのは嫌だな”という思いもあったのですが、同じ小学校の友達も大勢いて、塾で勉強をすることが楽しくなってきました。
中学校の時は、定期テストでなかなか点が採れなかったのですが、定期テスト前の日曜自習教室や特訓授業、平常授業後の居残り勉強などを頑張っているうちに、定期テストの点も上がり自主的に勉強することの大切さを学べたような気がします。
高校では学校の内申点が非常に大切で“普段から努力していれば大学に入れる”という話を中学の時に塾の先生から聞いているので、高校に入っても塾で学んだこと(努力することの大切さ)を生かし頑張りたいと思います。
紫野高校
梅川 聖渚君
成績上位者に名前が載るのが楽しみ!
中1の頃はクラスがB組(スタンダードなクラス)でしたが、中1の途中でクラスがA組(特進クラス)になり、クラスが上がれたときに嬉しかったことを今でも覚えています。
梅津塾では学校の定期テストが終わると各教科の成績上位者(たしか上位5名まで)が壁に貼られ、そこに自分の名前が載るかどうかが楽しみでした。僕は理科が好きだったので、理科では自分の名前が載ることがあったのですが、他の教科で自分の名前が載っているときはとても嬉しく、逆に全教科で自分の名前が載らなかったときは、とても落ち込んだことがありました。今思えば、クラスの友達と競争しあえる良い環境があったので、自分も頑張ってこられたと思います。
中3の受験前には日曜日も含め週6、7日塾に行って勉強していました。塾の先生からは落ち着いて試験を受けたら不合格になることは無いと言われていましたが、それでも正直不安はありました。その不安を無くすために受験勉強を頑張ってきたことが良い思い出になっています。これからも梅津塾で頑張るので、よろしくお願いします。
北嵯峨高校
池田 紫音さん
個別塾よりよかったと思います。
私はこの塾に来て本当に良かったと思っています。中3から梅津塾に通っていますが、私は英語が特に苦手だったので、違う個別塾にも通っていました。
梅津塾の中3生は基本週4回授業が有り、授業後も残って塾の宿題や受験勉強をしていたので、1回の授業で3時間30分程度勉強していました。自分の分からないところをしっかり教えてもらえたので、個別塾よりよかったと思います。
個別塾のときは自分の状況に合せて宿題が出ていましたが、梅津塾は宿題も多く、できていないところがあれば授業後に残されるのでしんどいこともありました。また周りの友達についていけないときもありましたが、諦めずに勉強した結果、無事高校に合格できました。
自分一人ではなかなか強ができないので、高校部も続けるつもりです。よろしくお願いします。
花園高校特進A 特待生
矢野 愛乃さん
先生のアドバイスで5教科すべて5に!
梅津塾に通うきっかけは母が卒業生だったからです。
その母の勧めもあり通塾することになったのですが、自宅から塾までかなり離れていたので、母に車で送迎してもらっていました。遅いときは夜10時30分ぐらいまで残って勉強していたので、送迎をしてくれた母と夜遅くまで私の勉強に付きあってくださった塾の先生方には大変感謝しています。
私は家では勉強に集中できないタイプだったので、出来るだけ塾で勉強をするようにしました。中3になって塾の先生から“実力があるのだからもっと上を目指しなさい”とアドバイスされ、特に定期テストの勉強を徹底して頑張るようにしました。すると5教科全てで5が並び、そのおかげで特待生という形で高校進学が決まりました。
特に数学が苦手で夜遅くまで先生に教えてもらったことと英語の単語テスト、熟語テストが大変だったことが印象に残っています。
花園高校特進A 特待生
井上 陽和さん
「やり通す」大切さを学びました。
私は小学5生から通塾しています。その時に「与えられたことはきっちりとやり通しなさい」と塾の先生からよく言われており、小学生の間にそれが当たり前になりました。
そのおかげで、中学生になってからは定期テストの勉強や学校の課題をきっちりこなすことができ、気づけば成績もほとんど5が揃うようになりました。そして、高校へは特待生として進学することができました。
私の中学校生活は、学校のクラブ・生徒会活動(文化委員長)・塾と、とても多忙でしたが、塾の同じクラスの友達が頑張っているのを見て、私も負けてられないと頑張ることができました。
切磋琢磨して勉強に取り組む梅津塾の雰囲気があったおかげで、大きく成長できたと思います。
北嵯峨高校 前期入試合格
宇田 朱里さん
アットホームで、通い易いです。
中学ではバスケ部に所属していました。キャプテンだったこともあり忙しい日々を送っていましたが、塾に通っていたおかげで、効率よく勉強ができました。
クラブを引退してから、“受験生として勉強を頑張るぞ”という思いで、毎日夜遅くまで塾に残り励んでいたことが印象に残っています。
私は中学1年から梅津塾に通っていますが、私がこの塾に通うきっかけになったのは兄が通っていたからです。実は私の母もかつて梅津塾に通っていました。この塾の先生は全員塾の卒業生で、すごくアットホームな感じがして、通い易かったです。
また高校部もお世話になりますので、大学受験までよろしくおねがいします。
北嵯峨高校

京都産業大学 経済部
村上 龍君
ほぼ毎日塾に行って勉強しました。
僕は中2から高3の5年間この塾で学びました。通塾のきっかけは兄が通っていたことと、家で勉強する習慣が全く無かったことです。ほぼ強制的に母に入塾させられましたが、大学受験も公募推薦で合格することができたので、塾を勧めてくれた母といろいろサポートして下さった梅津塾の先生方にはとても感謝しています。
この5年間を振り返ってみると無理やりにでも勉強する時間と環境を与えてもらえたこと、勉強が分かるようになり次第に授業が面白くなってきたことなどで、塾で勉強してきて本当に良かったと思います。
僕は普段から勉強をコツコツするタイプではないので塾の授業で教えてもらったことをその場で習得できるように頑張って聞いていました。高3の約半年間はほぼ毎日塾に行って勉強していました。受験勉強は大変でしたが今では良い思い出となっています。
これから受験を迎える高3生(後輩)には、国語・英語の必須科目だけでなく社会も早い段階で準備しておけば、受験の選択肢も増え合格の可能性も増すので頑張ってもらいたいと思います。
紫野高校 スタンダード

同志社大学 法学部
内藤 恭裕君
最適な入試方法を丁寧に教えていただきました。

僕は中学3年生の春にそれまで通っていた塾の先生から梅津塾を紹介され入塾しました。
1年間の厳しい受験勉強で無事志望校に合格し、高校部も塾へ通い続けようと考えました。
僕の高校では入学するとすぐにコース選択があるのですが、入学して間もない頃だったのでよく考えずなんとなくコース選択をしようとしていました。しかし、母に説得され塾へ相談に行きました。そこで先生に2つのコースの違い、たくさんある大学受験の入試方法や自分に最適な入試方法を丁寧に教えていただきました。もしこの時塾に相談に行っていなければ、同志社大学に進学できていなかったと思います。
僕の受けた大学入試の方法は高校での三年間の成績が重要なものであったため、とにかく高校の定期テストで高得点をとることを目標にしていました。テスト前は塾の自習室を利用し毎日塾で勉強していました。
僕は特に数学に苦手意識を持っていましたが、数学担当の先生が全力でサポートしてくださり、自分でもこんなにできるんだと思うくらい良い点をとることができました。
おかげで、高3の秋には同志社大学の法学部の合格を勝ち取ることができました。


【後輩へアドバイス】
塾の先生がおっしゃっていたことなのですが、高校でアルバイトは絶対にやらないほうがいいです。
目の前の自給800円を稼ぐために勉強がおろそかになり、志望校を下げざるを得なくなるより、高校時代にしっかり勉強して、自分の志望校を全うし大学生になってからアルバイトやクラブ活動を楽しむべきだと思います。

山城高校 スタンダード

関西大学 社会学部
杉本 瀬奈さん
指定校推薦は定期テストが決めて!

私は小6から梅津塾に通い始めました。中学の時は定期テスト前に塾で小テストや月例テストがあったので、本番のテストでは高得点を維持できました。高校受験の時は英語が苦手でしたが、高校入試の過去問をたくさん解いて、少しずつ実力をつけていきました。中3の時はほぼ毎日塾に通っていましたし、授業が終わった後も塾に残って勉強していました。自習室が充実しており、授業がない日も塾で集中して勉強できました。
大学受験は指定校推薦で決めたいと思っていたので、定期テストでしっかり点を取り、主要教科だけでなく実技教科でも「5」を取る努力をしました。英語がだんだんとわからなくなり、「このままではまずい!」と思い、高2の3学期から始まる大学受験に向けての授業を受講し始めました。毎週小テストがあり、忘れていた文法を思い出し、少しずつ基礎を固めていくことができました。
高3になると指定校で決めたい気持ちが強くなって、定期テストの勉強と受験勉強を並行させながら頑張りました。また、指定校推薦の志望理由書を書くとき、自分に文章力が全くなかったので、塾の先生に添削指導してもらいました。おかげで、指定校推薦で合格を決めることができました。
思い返してみると「梅津塾があって今の私がいる!」と感じます。本当にこの塾と出会えてよかったです。ありがとうございました。


【後輩へアドバイス】
指定校推薦で大学合格を決めたほうが、絶対「楽」です。
大学受験のレベルと定期テストのレベルは全く異なるので、高1からこつこつまじめに定期テストの勉強をしっかりして、評定平均を上げたほうがいいです。
9月で受験が終わるので、9月以降何の心配もなく「楽しく」学校生活を過ごせ、自分の好きなこと(クラブ、バイト、勉強など)ができます。
さらに、受験が1回で終わるので、公募や一般で受験する人と比べて、受験料がかなり安くで済んで、親からも感謝されました。

山城高校 スタンダード

関西大学 文学部
山口 茉優さん
集団授業のなか、友達と切磋琢磨しました。

私は小学校6年生から塾に通い始め、ほぼ7年間お世話になりました。
中学生の時は、塾で定期テスト対策として月例テストがあり、自分の理解度を確かめることができました。また、集団授業なので、友達と切磋琢磨し合うことで、勉強に集中することができました。
高校では毎回の定期テストに不安を抱いていましたが、先生から問題を解くためのコツを教えてもらい、分からない単元は分かるまで徹底的に指導していただきました。また、塾には各高校の定期テストの過去問が豊富にあったので、定期テスト対策もしっかりできました。
高2の3学期からは大学受験に向けての授業が始まり、沢山の小テストをこなし、効果的な勉強で知識が自然と頭に入ってきました。私は高3の夏にも部活の練習が毎日ありましたが、それに対応して補習をしてもらい部活と勉強を両立できました。
自習室もよく利用しました。自習室には個別ブースがあり集中して勉強することができ、先生に気軽に質問もできたので効率よく勉強できたと思います。
先生方はとても親しみやすく、私のことをよく理解してくださり、何度も進路の相談をしていただきました。高校での定期テストや小テストなどの課題もしっかりこなしたので内申点が上がり、おかげで行きたい大学の指定校推薦を勝ち取ることができました。
塾では厳しい勉強も沢山ありましたが、良き先生や多くの友人に出会えて本当によかったです。

京都学園 特進アドバンスド

立命館大学 産業社会学部 合格
安井 亮太君
塾の授業で、鍛えられました。

僕は中学1年生から梅津塾に通い、高校進学と共に一度卒業しました。高校が私立高校ということもあり、塾に通わず自分一人の力で大学受験を乗り切ろうと思っていました。
自分なりに頑張っていたつもりでしたが、模試の結果があまり良くなかったので高2の冬に梅津塾に戻ってきました。
とにかく英語が苦手でしたが、塾の授業でかなり鍛えられました。毎週単語や文法のテストがあり、受験に必要な英語の基礎知識を定着させることができました。
また、大学の過去問が豊富にあるので、十分に志望校の入試対策ができたのもよかったです。家で勉強に集中できない時に自習室を自由に使用することでしっかり勉強ができたことも大きなメリットでした。
いつでも気軽に先生へ質問ができるので、理解できていないところを徹底的に学習できました。そのおかげで、立命館大学と国公立大学にも合格することができました。


【後輩へアドバイス】
○得意な教科を早い段階で伸ばして、武器にするべき。
(一般入試では3教科受験が多いので、1教科でも得意教科があれば、受験が有利になりますよ)
○受験勉強をもっと早くに始めるべき。
(高3になってからでは遅いと感じました。受験の選択肢を広げるなら、早い時期から受験準備をしましょう)
○英語は高1からしっかり勉強するべき。
(英語は、文系、理系問わず必ず受験科目として必要になります)

京都外大西 国際文化B

京都産業大学 経営学部 公募推薦合格
奥芝 馨君
自習スペースが充実していて、集中して勉強できました。

僕は高3の春から梅津塾に通い始めました。正直最初は大学に行くか迷っていましたが、塾の先生といろいろ話す中で、大学へ行きたい気持ちが強くなっていきました。
梅津塾では大学についての情報がたくさん得られるので、学校の先生が教えてくれないような情報(英検を受験で使えるなど)も知ることができました。
親しみやすい先生や学習環境なので、気軽に質問などもでき快適に勉強することができました。
また、高2の冬から高3の授業が始まっていましたが、途中参加となった僕でも授業について行けるように未学習範囲をしっかりサポートしてもらったのがよかったです。
自習スペースが充実していて、自由な時間に行くことができ、集中して勉強できました。

北嵯峨高校 普通科発展

京都女子大学 発達教育学部
金子 夏央子さん
日々の授業は、とてもおもしろくて分かり易い!

私は高2の春から梅津塾に通い始めました。
塾に学校の定期テストの過去問があり、テスト前はそれを利用してテスト勉強をしていました。
当日のテストで予習しておいた問題と同じ問題が出ることもあり、すごく助かりました。
高3になり受験勉強が始まると毎週のように単語テストや漢字テストなどがあり、とても忙しくなったけれど、そんな厳しい勉強で真の実力が身についたと思います。
日々の授業はとてもおもしろくて分かり易く、勉強するモチベーションを保つことができました。
授業のない日も塾に行って、わからないところを教えてもらいました。家ではなかなか勉強できなかったのですが、塾の自習室のおかげで集中して勉強ができたと思います。

紫野高校 普通科アドバンストコース

同志社女子大学 表象文化学部
高島 麻優さん
小論文はコツを教えもらい、みるみる書けるように!

私は高3の4月から梅津塾に通い始めました。
高校ではテニス部に所属していて、入塾当初はふらふらになりながら、塾に通っていたのを思い出します。引退したのは7月で、それから本格的に受験勉強を開始しました。今思うと、4月から塾に通っていてよかったです。
体力的にはとても大変でしたが、あの時期に基礎をしっかり固めることができたので、クラブをやりながらも合格を勝ち取ることができました。もし部活を引退してから塾に通っていたら、授業について行けず、受験まで到底間に合っていなかったと思います。
毎週小テストがあり、自分ができていない部分がわかり、どこを勉強したらよいのかが明確になったのと、授業中にただ聞くだけではなく、頻繁に先生に当てられるので、周りの生徒と比べて自分がどこまでわかっているのか把握でき、また質問にできるだけ答えようとする意志が勉強へのモチベーションにつながっていきました。
参加型の授業で、能動的に取り組むことができたのがよかったです。そして、わからないところがあると、個別で先生に質問ができ、徹底的に理解することができました。
進路について悩んでいるとすぐに懇談してもらえ、丁寧に対応してくださいました。自習室があり、集中できるのはもちろん、先生に質問することもできました。
高大連携の推薦入試を受けたとき、小論文の対策もしていただきました。最初は何をどう書いていいのかわからなかったのが、自分の書いた小論文を添削してもらって、書き方のコツを教えてもらうと、みるみる書けるようになりました。


【後輩へアドバイス】
英語と国語は学校でも塾でもしっかり対策してもらえるからいいけれど、社会は勉強時間に比例して得点が採れるので、早い時期から準備をしておいた方が良いと思います。
夏休みは朝から晩までしっかり勉強すると、夏休み明けの模試で大きな差がつくので頑張って下さい。

紫野高校 アカデミア

大阪大学 法学部 国際関係
池内 里桜さん
母がこの塾の卒業生です。

私は高校受験のため中学3年生から梅津塾に通い始めました。
母がこの塾の卒業生で、幼い頃から「良い塾だよ!」って刷り込まれていました。
高校合格後は一旦塾を卒業していましたが、志望校を大阪大学に決めた高校2年の9月に塾に戻ってきました。
阪大に合格するため、授業では不得意科目を一科目ずつ克服する計画を立て、古文・漢文・数ⅠA・数ⅡBを順番に徹底的に勉強しました。一方で得意な英語や自習できる理科・社会の受験勉強も並行しながら進めました。
梅津塾の最大の利点は先生に質問しやすいことです。どんな科目でもすぐに対応してもらえます。
次に自分のペースを尊重してもらえます。私の高校は他の高校とテスト期間が違っていますが、その期間は定期テスト対策を優先して勉強させてもらえました。
また、いつでも勉強できる自習室は午後一時くらいから空いているのでとても役に立ちました。実際の試験では推薦入試も受験したので、論文指導もしていただきました。
お陰で本番の二次試験前に推薦で合格通知をゲット出来ました。


【お母様から】
私自身が塾の卒業生だったので、何の不安もなく通塾させることができました。
勉強以外の進路相談や受験方法も全てお任せしましたが、結果は第一志望を早々に突破できとても感謝しています。